総ビリルビン

T-BIL

入院便利ガイド 〜入院生活の概要と必需品〜


病気やケガなどでの入院は突然やって来ます。本人はもちろんのことご家族にとってもショックや不安のなかで、入院の準備をしたり、入院生活をスタートしなければなりません。
当サイトでは、そんな急なときでも慌てないために、管理人自身の体験も含めながら、入院に必要なものや病院での生活、入院費用などについての概要をご紹介しています。
スポンサードリンク
入院便利ガイド HOME >> 血液生化学検査 >> 総ビリルビン(T-BIL)

総ビリルビン(T-BIL)
ビリルビンとは、赤血球が120日程度で寿命がきて脾臓などで壊れたときに、赤血球中のヘモグロビンが分解されてできる色素です。

ビリルビンには2種類あり、ヘモグロビンが分解されてできたものを「間接ビリルビン」といい、間接ビリルビンが肝臓に運ばれてアルブミン(血漿タンパク)と結合したものを「直接ビリルビン」といいます。

この直接ビリルビンと間接ビリルビンを合計したものが総ビリルビンです。

【検査の目的・方法】
総ビリルビンは肝機能障害や胆管障害などの指標として利用されますが、特に黄疸の程度を調べるときには必要な検査です。検査は一般に、総ビリルビンと直接ビリルビンを調べ、その差として間接ビリルビンを計算します。

【検査基準値・数値の見方】
基準値(正常値) : 総ビリルビン 0.2〜1.2 mg/dl

          ※ 直接ビリルビン 0〜0.4 mg/dl
             間接ビリルビン 0〜0.8 mg/dl

【疑われる病気(異常値のとき)】
基準値(正常値)より高い場合には、溶血性黄疸、急性肝炎、肝硬変、肝内胆管閉塞、総胆管結石などが疑われます。
また、基準値(正常値)より低い場合には、鉄欠乏性貧血などの疑いがあります。


スポンサードリンク


CONTENTS
入院の流れと概要
入院グッズ・必需品
病院で利用できる設備
病室・個室と大部屋
入院生活・病院の1日
病院の食事と味
入院費用とその内訳
入院して困ったこと
入院お見舞いのマナー
手術・手術前と手術後
看護師さんは重労働
患者としての気持ち
車椅子からの目線
糖尿病と教育入院
OTHER CONTENTS
病院とは  診療所とは
病院の種類(分類)
病院の開設者
診療科の種類
病院内での職種(資格)
検査結果の見方
血液一般検査
血液生化学検査
尿検査、便検査
プロフィール

当サイトの内容につきましては、あくまでも参考程度にご利用ください。特に病気やケガの記述部分につきましては、自己判断なさらずに医師に相談するようお願いいたします。
Copyright(c) jamiron All rights reserved