血液一般検査

病院での検査結果の見方

入院便利ガイド 〜入院生活の概要と必需品〜


病気やケガなどでの入院は突然やって来ます。本人はもちろんのことご家族にとってもショックや不安のなかで、入院の準備をしたり、入院生活をスタートしなければなりません。
当サイトでは、そんな急なときでも慌てないために、管理人自身の体験も含めながら、入院に必要なものや病院での生活、入院費用などについての概要をご紹介しています。
スポンサードリンク
入院便利ガイド HOME >> 検査結果の見方 >> 血液一般検査

血液一般検査
血液一般検査は、血液の有形成分である血球(赤血球、白血球、血小板)の数や状態を調べるものです。

血液は、体中をめぐって組織や器官に様々な物質を配送したり、体内に侵入した外敵を排除するなど、常に健康状態を反映しているため、検査を行うことにより体の異常を知る手がかりとなります。

赤血球は、肺から体内の各組織へ酸素を運び、同時に不要になった二酸化炭素を運び出す働きをしたり、血液のpH(溶液中の水素イオンの濃度。酸性・アルカリ性)を一定に保つなど、生体にとって重要な働きをしています。

白血球は、体内に細菌やウィルス、異物などが進入したときに、細胞に取り込んで消化分解する生体防御の役割を果しています。
また、血小板は、血液を凝固させる止血作用を持っています。

血液一般検査の主なものは、次のとおりです。

  ・赤血球数(RBC)        ・白血球数(WBC)
  ・ヘモグロビン(Hb)       ・ヘマトクリット(Ht)
  ・赤血球沈降速度(赤沈・血沈・ESR)
  ・血小板数(PLT)        ・血液像(白血球分画)
  ・プロトロンビン時間       ・出血時間


スポンサードリンク


CONTENTS
入院の流れと概要
入院グッズ・必需品
病院で利用できる設備
病室・個室と大部屋
入院生活・病院の1日
病院の食事と味
入院費用とその内訳
入院して困ったこと
入院お見舞いのマナー
手術・手術前と手術後
看護師さんは重労働
患者としての気持ち
車椅子からの目線
糖尿病と教育入院
OTHER CONTENTS
病院とは  診療所とは
病院の種類(分類)
病院の開設者
診療科の種類
病院内での職種(資格)
検査結果の見方
血液一般検査
血液生化学検査
尿検査、便検査
プロフィール

当サイトの内容につきましては、あくまでも参考程度にご利用ください。特に病気やケガの記述部分につきましては、自己判断なさらずに医師に相談するようお願いいたします。
Copyright(c) jamiron All rights reserved