糖尿病

教育入院

入院便利ガイド 〜入院生活の概要と必需品〜


病気やケガなどでの入院は突然やって来ます。本人はもちろんのことご家族にとってもショックや不安のなかで、入院の準備をしたり、入院生活をスタートしなければなりません。
当サイトでは、そんな急なときでも慌てないために、管理人自身の体験も含めながら、入院に必要なものや病院での生活、入院費用などについての概要をご紹介しています。
スポンサードリンク
入院便利ガイド HOME >> 糖尿病と教育入院

糖尿病と教育入院
入院中に私が治療を受けていた診療科は整形外科で、入院当初は同じ階の人はすべて整形外科の患者さんでしたが、ある時期から変更があったらしく、糖尿病の患者さんが同室になったりするようになりました。

私が退院するころには、全体の3割くらいはいたのではないかと思います。なぜ、だいたいの人数が把握できるかというと、食事前になると処置室の前に必ず行列ができ、それが血糖値の測定のため並んでいるのだとわかったからで、その多くは教育入院の患者さんだったようです。

  ※糖尿病の教育入院とは
     糖尿病を悪化させないために、糖尿病の正しい知識や運動療法
     食事療法などの実践法を理解するために、1週間から2週間程
     度入院するものです。医師や看護師、栄養士などによる指導や
     ビデオによる学習、血糖値の自己測定などや、合併症の検査な
     ども行われます。

教育入院のため1週間の予定でやってきたある患者さんは、糖尿病食がまずくて食べられないといつも言っていましたが、病院に入院したにもかかわらず血糖値がなかなか下がらず、結果的に3週間もの長期入院になってしまいました。

治療食がどうにも我慢できず、時々、間食をしていたようです。
担当医から、糖尿病では自己コントロールすることがとても重要なことだと厳しく指摘され、それ以降は間食もやめて、数値も安定するようになったようです。

また、別の患者さんは、意識が消失して救急車で運ばれてきました。
その時の私は、糖尿病で意識がなくなるということを知りませんでしたので、糖尿病の患者さんとはまったく思いませんでした。

入院してから2〜3日は、自分がどこにいるのかわからなかったようで、幻覚があるような話をしたり、夜中に突然大声を出したりしていました。その方は、入院してから初めて自分が糖尿病だとわかったようで、一時的に落胆はしながらも、気持ちを切り替えて治療や知識の理解に一生懸命頑張るようになりました。

糖尿病は、生活習慣病の代表的な病気ですが自覚症状が出にくく、自覚症状が出た時には合併症が発症していることが多いといわれています。手術してから間もなく、整形外科の同じ年代の患者さんとリハビリの訓練で時間帯が一緒になり、世間話をするようになりました。

その方は、右足の足首から下が切断されていましたが、私は、相手から言わないかぎり、病気やケガの原因を聞かないようにしていましたので、おそらく事故で失ったものだと思っていました。

ところが、後で糖尿病の合併症で失ったものだとわかり、ちょっとびっくりしました。

スポンサードリンク


CONTENTS
入院の流れと概要
入院グッズ・必需品
病院で利用できる設備
病室・個室と大部屋
入院生活・病院の1日
病院の食事と味
入院費用とその内訳
入院して困ったこと
入院お見舞いのマナー
手術・手術前と手術後
看護師さんは重労働
患者としての気持ち
車椅子からの目線
糖尿病と教育入院
OTHER CONTENTS
病院とは  診療所とは
病院の種類(分類)
病院の開設者
診療科の種類
病院内での職種(資格)
検査結果の見方
血液一般検査
血液生化学検査
尿検査、便検査
プロフィール

当サイトの内容につきましては、あくまでも参考程度にご利用ください。特に病気やケガの記述部分につきましては、自己判断なさらずに医師に相談するようお願いいたします。
Copyright(c) jamiron All rights reserved