入院費

入院費用

入院便利ガイド 〜入院生活の概要と必需品〜


病気やケガなどでの入院は突然やって来ます。本人はもちろんのことご家族にとってもショックや不安のなかで、入院の準備をしたり、入院生活をスタートしなければなりません。
当サイトでは、そんな急なときでも慌てないために、管理人自身の体験も含めながら、入院に必要なものや病院での生活、入院費用などについての概要をご紹介しています。
スポンサードリンク
入院便利ガイド HOME >> 入院費用とその内訳

入院費用とその内訳
入院していて最も気になることは、病状の回復ががどうなるかということだと思いますが、その次に気になるのは入院費用のことではないでしょうか。

入院費用は、多くの病院では月末に締め切り、翌月中旬くらいまでに請求書が発行され、退院するときは当日に残金を全額精算するのが一般的なようです。

ところが、この入院費用は内容が複雑で、病気の種類や治療内容、入院期間などによって大きく異なり、また同じような病状でも病院の看護体制や個室の使用料などによって金額が変わってきます。

つまり、ある病気のある病状の治療に要する医療費は、いろいろな条件により統一された金額ではないのです。
入院が長期になったり手術を要する場合などは、請求書を見てからびっくりするよりは、前もって入院費用の概算を確認しておいたほうが安心です。

入院費用の内訳は、だいたい次のようなものです。

保険が適用されるもの

@入院基本料
  病棟の種類(一般病棟、療養病棟、結核病棟、精神病棟など)によっ
  て分類され、診察料や看護料、室料、寝具代などが、1日につきいく
  らと算定されています。入院患者の平均在院日数と看護師の配置比
  率によって料金の違いがあります。

A治療費
 ・投薬料 薬そのものの料金である「薬材料」に、薬の種類や量などを
        医師が指示する「処方料(処方箋料)」、薬剤師に対する「調
        剤基本料」、複数の薬を混合させたときの「調剤料」などが
        加算されています。
 ・注射料 静脈注射、皮下注射、筋肉注射、点滴注射などの料金で、
        技術料と薬剤料を合算したものです。・処置料 ガーゼ交換
        など手術後の傷の手当や酸素吸入などをした場合に発生す
        る料金です。
 ・手術料 手術する方法や部位によって料金が異なり、ほかに麻酔料
        や薬材料、材料費、輸血料などが加算されています。
 ・検査料 診断に必要な血液検査、心電図検査、エコー検査、内視鏡
        検査などが行われたときに発生する料金で、実施料と判断
        料の合計額が請求されますが、検査の項目数や内容によっ
        て金額が変わってきます。
 ・画像診断料 レントゲン写真やCTスキャン、MRIなどにより画像検査
        が行われたときに発生する料金で、撮影料金と診断料金、
        フィルム代などの合計額が請求されます。
 ・リハビリ料 身体の機能回復を目指し、理学療法士や作業療法士、
        言語聴覚士などの指導のもとに行われる訓練の料金で、症
        状や訓練時間によって金額が変わってきます。

B食事負担額
  食事の料金は1日あたり1920円と決められており、そのうち本人が
  負担する金額は1食あたり260円となっていますが、低所得者の方
  は負担額が軽減されます。

保険が適用されないもの

@差額ベット料
  個室を使用した場合には健康保険が適用されないので、大部屋との
  室料の差額は特別料金となり、その分は全額自己負担となります。
  大部屋でも4人以下の病室で、なおかつ1人当たりの病室面積が
  6.4平方メートル以上の場合は、差額ベット料が発生します。

Aその他
  病院で貸し出す病衣やタオルのレンタル料、診断書や入院証明書な
  どの文書料、テレビ・冷蔵庫の使用料などがあります。


スポンサードリンク


CONTENTS
入院の流れと概要
入院グッズ・必需品
病院で利用できる設備
病室・個室と大部屋
入院生活・病院の1日
病院の食事と味
入院費用とその内訳
入院して困ったこと
入院お見舞いのマナー
手術・手術前と手術後
看護師さんは重労働
患者としての気持ち
車椅子からの目線
糖尿病と教育入院
OTHER CONTENTS
病院とは  診療所とは
病院の種類(分類)
病院の開設者
診療科の種類
病院内での職種(資格)
検査結果の見方
血液一般検査
血液生化学検査
尿検査、便検査
プロフィール

当サイトの内容につきましては、あくまでも参考程度にご利用ください。特に病気やケガの記述部分につきましては、自己判断なさらずに医師に相談するようお願いいたします。
Copyright(c) jamiron All rights reserved