入院生活

入院 生活

入院便利ガイド 〜入院生活の概要と必需品〜


病気やケガなどでの入院は突然やって来ます。本人はもちろんのことご家族にとってもショックや不安のなかで、入院の準備をしたり、入院生活をスタートしなければなりません。
当サイトでは、そんな急なときでも慌てないために、管理人自身の体験も含めながら、入院に必要なものや病院での生活、入院費用などについての概要をご紹介しています。
スポンサードリンク
入院便利ガイド HOME >> 入院生活・病院の1日

入院生活・病院の1日
入院生活における1日のスケジュールは、どの病院でもほぼ同じようなものではないでしょうか。
私の入院した病院は次のような決まりがありました。

 6:00 起床 
 6:30 看護師による病室の巡回
 7:30 朝食および服薬
 9:00 その日担当の看護師による巡回(血圧測定など)
12:00 昼食および服薬
14:00 看護師による病室の巡回(検温や食事の摂取量
      排便の有無などを質問される)
17:00 夜担当の看護師による巡回
18:00 夕食および服薬
20:00 看護師による病室の巡回(検温など)
21:00 消灯 
24:00 看護師による巡視
 2:00 看護師による巡視
 4:00 看護師による巡視

もちろんのことですが病状やその日の体調によって、決められた時間に起床したり食事を取らなければならないわけではなく、あくまでも原則としてのタイムスケジュールです。

上記以外に、必要に応じて検査や処置、治療などが行われ、リハビリが必要な人は毎日ほぼ決まった時間に訓練が行われます。

また、私の場合は、毎日8時30分頃に主治医が回診に来てくれました。どうも医師の全員がそうしているわけではないようで、2日に1回の先生もいれば、1週間に1回くらいの先生もいるようでした。

私は、3ヶ月も入院していたので、毎日だとあまり話すこともなくなってしまうのですが、それでも何か疑問のことがあればいつでも質問できたので、とても心強い思いをしていました。

消灯時間は少し早いので、最初のうちは痛みなどもあってなかなか寝つけませんでしたが、そのうちに眠れるようになり、退院してからもしばらくの間は、夜の9時にはベットに横になる習慣になってしまいました。

夜中に3度ある看護師さんの巡視は、患者さんに異常がないかを見回るもので、寝ているところを懐中電灯で照らして確認するのですが、慣れないうちは結構目が覚めたりします。

1日のスケジュールとは別に、週に1回必ず行われるのが各ベットのシーツや枕カバーの交換で、作業時間中、動ける人は病室から出ていなければなりません。

また、病棟の責任者である部長回診も週に1回ほどあり、原則としてこの時間帯はベットの上にいなければなりません。


スポンサードリンク


CONTENTS
入院の流れと概要
入院グッズ・必需品
病院で利用できる設備
病室・個室と大部屋
入院生活・病院の1日
病院の食事と味
入院費用とその内訳
入院して困ったこと
入院お見舞いのマナー
手術・手術前と手術後
看護師さんは重労働
患者としての気持ち
車椅子からの目線
糖尿病と教育入院
OTHER CONTENTS
病院とは  診療所とは
病院の種類(分類)
病院の開設者
診療科の種類
病院内での職種(資格)
検査結果の見方
血液一般検査
血液生化学検査
尿検査、便検査
プロフィール

当サイトの内容につきましては、あくまでも参考程度にご利用ください。特に病気やケガの記述部分につきましては、自己判断なさらずに医師に相談するようお願いいたします。
Copyright(c) jamiron All rights reserved